きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。ゲロみたいなブログを運営しております。

発達障害を持ってる人はできるだけ子供を産まないほうがいい・・・

 

どうも。きつねこです。

今回は、いつもふざけてニートのこととか書いてるんですが、割と真面目な話。

何が真面目な話かと言いますと、タイトルにもあるように、発達障害を持ってる人はできる限り子供を産んじゃダメだよって話。

 

っていうのはね。発達障害なんですよ・・・(てへぺろ)みたいな・・・

 

発達障害は遺伝する!!

それでね。なんで僕が発達障害なのか自分なりに分析してみたわけですよ。👈分析しようがないですが・・・

そしたら父親もかなり発達障害の特性を持っているんですね。

発達障害って遺伝するんですねーーーー。当たり前っちゃ当たり前ですけど。遺伝って正直で怖いですね。

父親は仕事は市役所で働いていて、経済的には問題ないんですが、人間としてはやばい!!

どういうところがやばいかというと、まず、空気はめちゃくちゃ読めないね。空気読めないから会話が成り立たないこともよくあるし、場の空気を気まずくさせることはしょっちゅうある。

あとは、すぐキレるね。急にキレて怒り出すから。怒りの沸点が低すぎるんだよな。

さらに、こだわりが強い。こだわりが強いのは僕も一緒でこだわりが強くて自由に生きられないことも多々ある。逆にこだわりの強さを活かして一つの物事に集中して大成したりするのも発達障害の特徴なんだけどね。

これ全部アスペルガー的な症状らしいんだけど、僕もいくつか当てはまるんだよね。

こだわりの強さなんか、もうやばくて。これが悪化すると、強迫性障害とかいう病気を発症させるらしいから結構気を付けてますね。

発達障害って知能には問題がないから、余計、厄介な問題なんですよね。

普通の人からは普通の人のように接せられますからね。

 

話が脱線しまくりだけど、要するに言いたいことは、発達障害は遺伝する!!

ってこと。

 

ちなみに僕は今、精神科医に通っていてそこで、月に一度、発達障害のグループワークっていうやつに参加してるんですよ。

年齢、性別関係なく、発達障害の人、発達障害を勉強したい人たちが集まって、日ごろの悩みとか共有して一緒に解決策を探ろう!!みたいな会。まぁ、発達障害の人たちのための居場所みたいな感じですね。

そこでは僕が21歳で、他の人はみんな年上って感じなんですけど。結婚して子供がいるって人もある程度いたりして。

そこで、子供がいる人が悩みを語りだしたんです。「うちの子供も発達障害みたいな感じで学校で悩んでるんです」・・・

遺伝出たーーーーーーーー

遺伝ですよそれ。遺伝。発達障害のあなたから生まれた子供は高確率で発達障害に苦しめられます!!

なんでそれに気づけないのかな?

 

発達障害の人は子供を産んでいいけど相当の覚悟が必要

発達障害の人たちへ一応言っておきますけど。子供は作っていいけど、相当の覚悟が必要だってこと。

覚悟ってのは、子供を育てあげるまでの経済力。また子供が発達障害に苦しむ可能性があるのでその時親として対応できるか。発達障害の子供を上手く育てられるかということ。発達障害の息子、娘を許せるかどうか。

はっきりいって発達障害はある意味、宇宙人です。宇宙人を育てるということです。これは結構難しいと思う。自分自身が宇宙人なのでよくわかります。グループワークに参加している人たちほとんどが宇宙人です。

少子化が問題視されていますが、発達障害の人は無理に子供を産まなくて良いかな。

産みたい人は産んでも良いけどすべて自己責任で。

まぁようするに、発達障害の人は子供を産んでしまうと、発達障害持ちとして生まれた子供と産んだ親、すなわち自分自身を苦しめる場合があるので一応警告しとこうかなってことで。