きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。ゲロみたいなブログを運営しております。

僕がジブリ作品を見ない4つの理由

どうも。きつねこです。

みなさん。突然ですが、ジブリ映画すきですか??

私は大嫌いです。ジブリ

なぜ嫌いかというとこれから書いていきますので、ちょいお待ちを。

この前もね、金曜ロードショーで「ゲド戦記」やってましたけど、見るの途中で辞めちゃいましたからね。その理由もこれから書いていきますので。ちょいお待ちを。

まぁアンチジブリな訳ですが、その理由を読んで色々感じ取ってくれれば幸いです。

 

 ジブリ作品を見ない4つの理由

 

理由① 表情がリアルすぎて怖い・・・

まず、ジブリ作品の売りとしてはアニメ映画なのに表情がリアルすぎる。

もう。泣くシーンとかリアルすぎて引いちゃうくらいリアルですからね。(語彙力)

f:id:f555sank:20180120161357j:plain

涙ってこんなに大きかったっけ?こんなにデカかったっけ?マジで涙でかくね?

やばくね。色んな意味でやばくね。俺の語彙力やばくね。語彙力なさ過ぎてやばくね?

f:id:f555sank:20180120161609p:plain

ほらもう。やばくね。このキャラクター誰かしらないけど涙デカすぎじゃね?

泣くシーン感動するとかどうより涙の大きさに気がいっちゃうわ。

 

ちなみにこんなツイートしてる人もいました。

twitter.com

 

理由② ジブリは見て当たり前という風潮

これも多かれ少なかれあるよね。ジブリは日本を代表する映画なんだから見て当然でしょ。好きで当然でしょ。みたいな。風潮。特にジブリオタクはごり押ししてくる。

ゴリゴリにごり押ししてくる。またゴリゴリにごり押しされた経験もございます。

私「あのーーーーー。すいません。ジブリが嫌いな私は銃で撃ち殺されなければいけないんでしょうか?どうなんでしょうか?反日本国民なんでしょうか?ジブリ嫌いって罪なんですかね?どうなんでしょう?」

的な。

そりゃ。宮崎駿はすごいよ。宮崎駿宮崎駿だもの。日本を代表する映画監督ですよ。

そりゃ。私のようなニートなんかよりも比べ物にならないくらい凄くて偉大な人ですよ。比べ物にならないですよ。比べるのも失礼なくらいです。

だからってその人の作品を強制的にみなければいけない的な、日本の風潮。嫌いです。

以上。

理由③ ジブリに出てくる主人公の心が綺麗すぎる問題 

 

ジブリに出てくる主人公って心がきれいすぎるんだよね。心が少年のまんま。むしろ少年よりも心が綺麗だと思う。正義感だとか、嘘をつけないだとか、人を助けてしますだとか。性格良すぎ。魅力的過ぎ。

もうね。「自分の息子、娘がこんな子に生まれてきたらいいな」っていう模範的な人間だからね。魅力ありすぎ。

返ってだから好きになれないんだよな。魅力的な人間はそりゃ、いい物語になるんだよ。魅力的なんだから。

俺が見たいのはダメ人間でも心がドブのように腐っていても、不器用でも、歯を食いしばって毎日を懸命に生きてるっていうか、上手く説明できないけど、そんな物語が見たいわけ。ダメ人間でも輝けるっていうかさ。誰かそういう映画ありましたらコメントなんかで知らせてください。すぐ見ますので。

ジブリに出てくる主人公はみんな心がピュアで美しい心を持っているから、それを見ると「俺めっちゃ心汚れてるな。やべぇ。ジブリの主人公と比べて自己嫌悪におちいってしまう」って自覚しちゃうからジブリが流れてたらすぐチャンネル変えちゃうね。すぐチャンネル変えちゃうもん。自分は心がドブのように汚れてるから。

ジブリ=自己嫌悪ですよ。ジブリ=自己嫌悪。はいこれテストにでますよ~~~。

 

 理由④恋愛がピュアすぎる

 

これも理由③に似てるんだけどさ。ジブリの恋愛ってピュア過ぎない。もうなんていうかさ。説明できないくらいピュアなわけよ。

汚い言葉使って説明すると、セックスのセの字も知らないのかい!!ってこらいピュアなのよ。やべーほどピュアなのよ。ジブリって。ピュアすぎてピュアなのよ👈何言ってるか分からない。

もう。ピュアすぎてピュアだからさ。自分の心がいかに汚れてるかわかるわけ。

例えば、自分は街中でキレイな女性がいたら裸を想像してみたりとか・・・

他にもエロ動画を頻繁に見てしまったりとか・・・

他にもエロい妄想とか・・・

もう。男ってさエロいことばっかり考えてるわけじゃん。日中。

そんななかでさ。ジブリなんて見ようもんなら。もう。自己嫌悪。ピュアすぎて。ピュアさと自分の心を比べちゃうんだよね。

「俺はなんて心が汚れているんだ・・・」

「俺はなんて心が汚れているんだ・・・」

「俺はなんて心が汚れているんだ・・・」

「俺はなんて心が汚れているんだ・・・」

「俺はなんて心が汚れているんだ・・・」

っていう自己暗示がジャブのように効いてくるわけですよ。

それに耐えられなくなったとき、リモコンを手に取って、チャンネルを変えるわけですな。もっとゲスなテレビ番組に変えるわけですよ。

もうね。ジブリ見てると自己嫌悪に落ちいります。

心の汚れが取れるどころか自分の心がいかに汚れているのかを確かめるにはうってつけの映画だと思いますね。

まとめ

まとめ。書きたいと思います。

ジブリ=自己嫌悪。ジブリ=自己嫌悪。ハイこれテストに出ま~~~す。