きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。ゲロみたいなブログを運営しております。

マンチェスターシティ対ニューカッスル戦を見た感想

 

どうも。きつねこです。

シティ。ついに負けましたね。前節リヴァプールに。見事な打ち合いでしたね。

さて。今回取り上げる試合はプレミアリーグ第24節。マンチェスターシティ対ニューカッスルです。

実況は西岡で、解説は粕谷でしたね。

粕谷嫌いなんだよな~~~。粕谷って謎に上から目線なんだよな~~~~。っていう粕谷をさりげなくディスリつつ。

試合の方行きましょう。

ニューカッスルは前節、スウォンジーと1-1のドロー。

ニューカッスルは首位チーム相手に勝ち点を奪う番狂わせを起こすのか、はたまたシティが危なげなく勝利するのか注目が集まった試合でしたね。

それでは試合を振り返っていきましょう。

 スタメンはこんな感じ。

 

f:id:f555sank:20180121200846p:plain

シティはいつも通り4-1-2-3というフォーメーション。対するニューカッスルは4-2-3-1というフォーメーションでした。シティは前節、ギュンドアンだったポジションにシルバが戻ってきましたね。また、いつもデルフが入っていたポジションにジンチェンコという若手を起用してきました。

さて試合の方を振り返っていきたいと思います。

前半はやはり予想通りシティがボールを繋ぎ試合を支配しましたね。それに対してニューカッスルは5-4-1という守備ブロックを作ってカウンター狙いでシティに対抗しましたね。

 それにしてもシティのポゼッションサッカーは完成度が高いですね。

フェルナンジーニョが最終ラインまで下がってきて、2CBとキーパーのエデルソンでビルドアップ。➡両サイドバックは高い位置を取る。➡シルバとデブライネにボールを集める。➡スターリングとサネという突破力の高い二人にサイドで勝負をさせる。➡最後はアグエロがフィニッシュ。

っていう必勝法みたいな勝ちパターンが出来てますからね。これはやっぱり強いですよ。ネガティブトランジションの場面でもきっちりボールを奪いきりますし。

 で、案の上シティが先制するんですよ。

twitter.com

 

 デブライネのクロスからアグエロ~~~~~~~~~~~~。

アグエロが微妙にコースを変えてゴールにねじ込みましたね。

で、そのあともシティが圧倒するわけですよ。ニューカッスルにボールを触らせる暇すら与えないわけ。

そんな調子で後半もずっと圧倒するわけですよ。

圧倒しまくりなわけ。ボール回しまくりな訳よ。パス成功率90パーセント対50パーセントですからね。

そんなわけで2点目もあっさり取っちゃうわけですよ。

そんな2点目がこれ。(10秒からのシーン)

twitter.com

 スターリングが仕掛けて、PKを獲得。それを落ち着いてアグエロが得点ゲット。って形でしたね。

もうね。シティが余裕過ぎてね。余裕過ぎて余裕過ぎて、油断しちゃったのかな?

一瞬のすきを突かれて、シティは失点するんですよね。(20秒のシーン)

twitter.com

一発のスルーパスからマーフィーは落ち着いてループシュートで流し込みましたね。普通に上手かったです。マーフィー。覚えました。

2-1になってから急に試合は面白くなりましたね。理由は、ニューカッスルがぺレスとゲイルという二人のフォワードを投入してシステムを4-4-2に代えてきたから。単純に攻撃に参加させる人数を一人増やしたわけですな。

そんなわけでニューカッスルが攻撃する場面が増えるわけですよ。

それでもシティは強かったですね。流れを変えたのはサネのスーパープレー。

(27秒のシーン)

twitter.com

サネはキレッキレでしたね。

もうね。表現する言葉は一つしかありません。

キレッキレ。

3-1になってニューカッスルも攻撃に人数をかけるわけなんですけど時すでに遅しでしたね。

やっぱりシティは強かったです。シティ強すぎ。

1点取られても焦らない強さがありましたからね。シティは。

今回はこの辺で、エティハドスタジアムからお届けしました。

じゃあね。