きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。ゲロみたいなブログを運営しております。

トッテナム対サウサンプトン戦を見た感想

 

 

どうも。きつねこです。

 

プレミアリーグ。面白いですね。

今回取り上げる試合はプレミアリーグ第24節。トッテナムサウサンプトン戦。

順位的には5位対17位という対決でした。

 まずはスタメンから。

f:id:f555sank:20180123184129p:plain

サウサンプトンは吉田は怪我が治りきってないということでベンチ外でスティーブンスとフートというセンターバックコンビになりましたね。

対するアウェーのトッテナムはキーパーのロリスが体調不良で欠場。かわりにフォルグ。また、エリクセンも欠場でシソッコが右のサイドハーフに出場することになりました。

それでは、試合を振り返っていきたいと思います。

 試合振り返り

 

試合はですね。トッテナムが圧倒的にボールを支配するのかな?って予想で試合を見ましたが、違いましたね。

ボールを支配してたのはサウサンプトンの方でしたね。かなり意外でした。

トッテナムエリクセンがいないのが響いたんでしょうかね?理由は分からないですが、ボールを支配したのはサウサンプトンの方でした。

特にタディッチによくボールが収まり、左サイドからのクロスが良いチャンスを作り出していたと思います。

そして先制点を取ったのは意外にもサウサンプトンの方だったんですよね。

その先制点がこちら。(25秒の場面)

www.youtube.com

動画には映ってませんが、左サイドのタディッチがボールをキープしてタディッチを追い越したバートランドがグラウンダークロス。

ダビンソン・サンチェスは焦ってしまったのか、対応を誤ってしましましたね。

トッテナムは悔しい失点だったと思います。

 でも、トッテナムは3分後すぐ点を取り返すんですよ。なんてってこの男がいますからね。

ハリーーーーーーーーー!!ケイン!!!!

ハリー・ケインがいますから。

www.youtube.com

コーナーキックからちょちょいのちょいで決めちゃうんですからね。

ハリー・ケイン。ヘディングでも決めれるとか、得点のバリエーション多すぎ。

この得点をきっかけにトッテナムが徐々に試合を支配しだすわけですよ。

徐々にボールを回し始め、29分にはベンデイビスからシュート性のクロス!!!

これは惜しくも、シソッコが枠に収めきれずにノーゴール。サウサンプトンはあわや失点という場面でした。

その後は一進一退の攻防でしたね。36分には35m付近でファウルを貰ったサウサンプトン。そのフリーキックでウォード・プラウズからのボールをスティーブンスがヘディングシュート。シュートは惜しくも枠外でしたが、トッテナムはあわや失点という場面。ヘディングがミートしなくてラッキーとしか言いようがなかったですね。

39分にはトッテナムの攻撃。ケインが右サイドから左サイドのオーリエにサイドチェンジ。オーリエはそのボールをダイアーに落とす。ダイアーが放ったシュートはキーパーのマッカーシーの正面でした。

40分にはレミナのシュート。シュートはフォルグの正面。

 前半はそんな感じかな。どちらも見ごたえのある攻撃を披露していましたね。

特に前半はサウサンプトンのタディッチ、バートランドコンビが冴えわたっていましたね。

後半行ってみましょう!!

後半はどちらのペースか言いようがないくらい一進一退の攻防を繰り返してましたね。

それにしてもサウサンプトンはタディッチにボールを集めてバートランドが追い越すっていう形が十八番ですね~~。

64分にはデンベレのパスを受けたデレアリがシュートを打ちますがこれは左に逸れ枠外。

65分にはガッビアディーニがシュートを放ちますがフォルグの正面。

どちらもこれと言った良いチャンスを作れないまま、70分くらいまで来ちゃうわけなんですね。

 トッテナムサイドはなかなかチャンスを作れないので、70分のソンフンミンを交代させてエリックラメラを投入。

また、オーリエを下げトリッピアーを投入します。

それでもトッテナムはチャンスの形を作れませんでしたね。

対するサウサンプトンはエースのガッビアディーニをさげ17歳のオバフェミという選手を投入してきます。

f:id:f555sank:20180124151039j:plain

トッテナムサイドバックがかなり高い位置を取り、83分にはラメラに絶好のチャンスが来ますが得点につばげることはできません。

対する、サウサンプトンはオバフェミにビッグチャンス。しかし、上手く足にボールがミートせずチャンスを逃しました。

88分にはブファルにビッグチャンスもサンチェスがブロック。チャンスを活かせません。

89分にはケインが珍しくシュートミス。

このまま両チーム、チャンスを活かせないまま、タイムアップ。1-1の引き分けでした。

感想

うーん。トッテナムエリクセンの不在がかなり大きかったのかな?

 

 シソッコでは攻撃のバリエーションが縦へのゴリ押ししかありませんからね。

それでもダビンソンサンチェスのオウンゴールは仕方ないのかな?まだ若いセンターバックだし。

トッテナムは手痛いドローでしたね。

対するサウサンプトンは11試合連続勝利なしという状況ながら、内容的には結構よかったんじゃないでしょうか。特にタディッチとバートランドはかなり躍動してましたし。

次節、トッテナムマンチェスターユナイテッドとビッグマッチ。

サウサンプトンのほうは16位のブライトンと対戦。

来週もプレミアリーグ楽しみですね。

んじゃね。