きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。世の中を冷めた目線で見てます。

まぁ、夏だから冷たい飲み物飲み過ぎて失敗した俺の過去の話でも聞いてくれや(中二の話)

どうも。きつねこです。

たまには、ブログ更新しようかなと思ってブログ書いている今日この頃です。

まぁ、今回は俺の過去のしょうもない話でも聞いていってくださいや。(クッソ退屈で付き合ってやるかって人だけ読み進めてください。

 

いきなりですけど、夏ですね。夏。いきなり暑くなってきたね。

暑い!暑すぎる!( ゚Д゚)

アホみたいに暑い。

 

朝の8時くらいから気温35度はやめてくれ( ゚Д゚)

 

そんでもってこんな暑い日に欲しくなるのは冷たい飲み物!

体が冷たい飲み物を欲するわけですよ。

 

まぁ、今回の話は冷たい飲み物を飲み過ぎて失敗した俺の話を聞いてもらえたらなと思う。

 

ここから過去の話

そう。あれは俺が中二の時だった。

俺がまだサッカーをやっていた頃だ。

 

その日は、大切な公式戦の日。トーナメントではなく、一発勝負ではなかったが、リーグ戦の大切な一戦だった。

俺はいつも通りその日も気合が入っていた。自分で言うのもなんだが、俺は結構サッカーが上手くてチームでも1,2を争うほどの実力だった。

なので、俺が試合にでることは、スタメンを発表される前から分かっていたし、入念にアップをした。

入念にアップをしたのは良いが、その日の気温は36℃。クッソ暑かった。

アップだけで、汗が体中から出た。

俺は熱中症予防のために水分もしっかり摂った。

こういう日は冷たい麦茶が体に染み渡る。

氷を大量に入れていたからキンキンに麦茶は冷えていた。

キンキンに冷えてやがる!ありがてぇ~~~!(カイジ

その時の麦茶が死ぬほどうまかったのだろう。

俺は試合前に2リットル入っていた水筒の麦茶を半分くらい飲んでしまった。

これが後々後悔することになる。

 

アップが終わりスタメンが発表され試合が始まった。

予想通り、俺はスタメンだった。いつも通りのことだった。ここまでは問題ない。

ちなみに、俺のポジションはセンターバック。守備の要だ。(イキってすいません。

自分で言うのもなんだが、俺を中心に守備は回っていた。(たびたびイキってすいません。

 

試合が始まった。最初は良かった。問題なくプレーできた。

しかし、悪魔は少しづつ近づいていた・・

前半開始5分。ここで問題が発生する・・

 

 

試合開始の時はなんともなかったのに、急にお腹に異変を感じた。

「うぅ・・や・・やば・・お腹痛い・・」

 

直感ですぐわかった。

「あ・・試合前のお茶で体冷えたんや・・」

めちゃくちゃう〇こにいきたくなった。

ていうか、試合中もう〇こ漏らしそうだった。う〇こがそこまで来ていた。

 

俺は肛門を締めながら走った。肛門を締めなければいけなかった。

前半だけで、残り20分。この20分はいま思い返しても地獄の20分だった。

 

俺は残り20分。サッカーの試合とう〇ことの試合どちらも戦わなくてはいけない状況になった。

 

う〇こを我慢しながら前半どうにか無失点に抑える。そして、ハーフタイムにトイレに駆け込み窮地を脱出する。俺はこれを夢見た。これをやりたかった。

 

だがしかし、俺の夢は一瞬にして打ち砕かれた。

 

相手チームがロングボールで裏のスペースにボールを蹴りこんできた。

相手フォワードと俺の一対一の勝負。まぁ、いわゆるかけっこみたいな場面だが、いつもなら余裕で処理できる場面。

だが、今回はわけが違う。

俺はう〇こを我慢していた。肛門を締めながら走らなければいけなかった。

ここでは全速力で走りたい場面だったが、全速力で走れば肛門が開いてう〇こを試合中漏らしてしまう。

これだけは一番避けたかった。いや避けなければいけなかった。

この場面。俺は肛門を締めながら走らなければいけなかったので、いつもの50パーセントくらいの速さでしか走れなかった。(女子よりも余裕で遅い走りだったと思う。

案の定、その場面は走り負けて普通に失点した。やってしまった・・醜態をさらした・・

めちゃくちゃ悔やんだ。

「試合前、お茶さえ飲んでいなければ・・お茶の氷をいれさえしなければ・・試合前しっかりトイレに行っておけば・・」

いくつものたらればを考えた。

でも、過ぎたものは戻ってこない・・

このあとも俺の酷いプレーは続き、失点は続いた・・

3失点目あたりから、もう俺は試合なんてどうでも良いと思った。早く終わってくれと思った。

ここから俺の試合はサッカーではなく、う〇ことの戦いになった。う〇ことの試合。

「絶対に負けられない戦いがそこにはある! Japan pride!」

f:id:f555sank:20180722203520j:plain

俺は心の中で審判に数えきれなくらい問いかけた。

「早く笛を吹いて終わらしてくれ!前半長すぎんだろ?ハーフタイムまだなん?審判に殺意を感じたくらいだった。次の笛で前半終わらせないとぶっ殺すぞ!(理不尽

結局、前半は4失点で幕を閉じた。もう試合はどうでもよかった。

ハーフタイム。俺はトイレに直行した。

トイレでスッキリした。(笑)

ここで俺は試合には負けたが、自分との試合には勝った。

 

後半、相手は4点取ったこともあって攻撃の手を緩めたのかもしれないが、俺は後半獅子奮迅の活躍を見せ見事、無失点に抑えた・・

だが、結果は0-4の負けだった・・

悔やんでも悔やみきれない形の負けだった・・

この経験があってから、俺は試合前に水分を取りすぎることはなくなったし、トイレにも必ず行くようにした。

ただ得た教訓はそれだけ・・

っていうことで、今、サッカーやほかのスポーツをしている諸君!

試合前には水分を取りすぎないように!

あと、試合前にはトイレに必ず行くように!

わかったかな?

 

あと、最後に。

う〇ことか連呼して汚い記事になってしまって誠に申し訳ございませんでした(=゚ω゚)ノ

とにかく、暑いからって冷たい飲み物飲むのはいいけど、十分注意しろよ!

んでは、こんな所で。

( ´Д`)ノ~バイバイ。