きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。ゲロみたいなブログを運営しております。

「死にたい」という感情に唐突に襲われることがある

朝から死にたいという感情に支配されている。

なぜだろう。

理屈もなしに死にたいと思ってしまうのだ。

理由は分からない。

朝から雨が降っていてテンションが下がったからか、昨日あまり眠れなかったからか、寝起きの顔がブス過ぎたからか、朝選んだ服が似合ってなかったからか、寝ぐせを直しても直らなかったからか、将来に対しての不安からか。

よくわからない。

 

理由は特にない。

 

とにかく言えるのは、この世の暇つぶしに飽き飽きしている。こんな退屈と苦に満ち溢れた世界で暇つぶしを70年もするなんて一種の拷問だろ。

そりゃ、精神も狂って当然だぜ。おやっさんよ。自殺者がたくさん出るのも至極当然の話だぜ。自殺する奴が狂っているのではなくて、こんな世の中でまともに生きている奴こそ狂ってやがるんだぜ。

生きづれー世の中だ。

もうこの世でしたいことなどはないし、したいことと言えば、死んでみたいかな。

言えることと言えば、すべてが面倒なのだ。面倒で有るがゆえにそのすべてを終わらせたい。すべてのものに意味がない故に終わらせても良いと思う。人類滅亡しないかなーって10秒に一回考えている。

 

だるい体を起こして起きる、朝食を食べる、歯磨きをする、着替える、活動する、働く、

人と会う、人の顔色を伺う、空気を読む、昼飯食う、時間潰す、晩飯、風呂、

生きることそのものが面倒でならない。とにかく、終わりがないので、いっそのこと俺を殺してくれ。自分では終わらせられないので、誰かに終わらせてほしい。

安楽死施設。はよ。

 

気分の浮き沈みも激しい。

ある時は、「この世で最高の人間は俺だ。俺こそが至高なり。」とテンションが上がる時もあれば、「やっぱ、俺は大した人間じゃねーな。死にたい。」というふうに、テンションがだだ落ちする時もよくある。

 

気分の浮き沈みは気まぐれだ。

気分の浮き沈みというのも自分でコントロールできると思っている人もいるかもしれないけど、これもコントロールするのは困難で、本当の所は勝手に、気分が浮き沈みするのが正しいと思う。

見えない力が、勝手に気分を上げたり下げたり。ほんと気まぐれというのはこういうものだ。

 

この世の楽しみなんてほとんどないに等しい。

唯一、安らげる時間と言えば、寝てるときくらいだろう。夜は11時間。昼寝2時間。ダラダラしている時間5時間。なにもやる気がしない。

一日の内13時間は確実に寝ている。死人のように寝ている。

いっそのこと、眠りから覚めなければいいのだが。

 

安楽死施設。はよ。

 

死にたいという感情に襲われたら、こういうことしか書けない。