きつねこブログ

こんにちは。3年前ニート時代にブログを開設しました。のんびり働いて、適当に生きる

「普通・当たり前」を押し付けるという暴力はやめてほしい

人それぞれに「普通・当たり前」がある。

例えば、年収500万が普通の人もいれば、年収1億円稼ぐのが普通だと思っている人もいる。

 

テストで50点台が普通だと感じる人もいればテストで95点以上取るのが普通だと感じている人がいる。

 

別に、人それぞれ普通があるのは良いんだ。

ただ、その普通を人に押し付けないでほしいとだけ思うんだ。

 

過去の自分もそうだった。

 

特に、苦しかったのは、鬱で引きこもっていた時期だ。

 

世間でいう普通がほとんどできない状況であった。

 

・学校に行くのが怖い。

・人と接する、話すのが怖い。上手く話せないのがストレスに感じ死にたくなる

・バイトが怖い、ストレス。

・面接が怖い。

・外に出るだけでもエネルギーを消耗する

・頭痛で何も手につかない。

・ほぼ寝た切り

 

こんな感じの生活を4年ほど送っていた。

 

それでも、自分で言うのもあれだが、多分自分は根が真面目なのだろう。

そんな状況でも、学校は比較的通いやすい通信制高校に通い、バイトもしようとした。

まぁ、親や、その時お世話になっていた叔母がうるさかったせいもあるけど。

 

 

あの時は、普通の人並みには行動できてはいなかったと思うけど、自分なりに良くやっていたと思う方だ。

 

それでも、親や叔母は正しく認めてくれなかった。

 

特に、叔母は自分にとって結構メンタルに来る言葉が多かった。

バイトを3時間してメンタルを消耗しながら帰って枯れるような声で

「バイト行ってきた・・」

って言っても

「バイト3時間行くとか当たり前やん。家にいていっぱい時間があるなら最低でも6時間くらい行ってきたら?」

ってな感じで軽くあしらわれる。

悲しくなった。

 

うん。確かに3時間バイトなんて当たり前だ。普通の人ならそうだろう。

でもその時の僕は違ったのだ。

鬱状態で人と会うのも怖い状況下で3時間バイトに行ってきたのだ。僕の感覚では3時間が15時間働いているくらいの感覚なのだ。

 

3時間働いたら10時間の休息は必要なメンタルだった。

 

それを分かってほしかった。

もう少し、かける言葉を選んでほしかった。

「バイト。おつかれ~」

っていう言葉だけでも心は軽くなったのだ。

 

とにかく、普通ってのはその人それぞれで違うんだ。

あなたはそうかもしれないけど、普通を押し付けないでほしい。

 

その普通が人の心を殺しているというのに早く気付いてほしい。