きつねこブログ

こんにちは。3年前ニート時代にブログを開設しました。のんびり働いて、適当に生きる

ゴミハンターのわたしがモンスターハンターはなぜすぐ飽きてしまうのか考察してみた

こんにちは。きつねこです。

モンハン買おうか迷ってます。

前々からモンハンの新作、

モンスターハンターワールドアイスボーン

(MHWI)

という名前が無駄に長いわけですが、発売されてまして。

その存在は知っていたんですが、

www.youtube.com

モンハンのCMをテレビで見てしまってからわたくしの狩りの本能の目が覚めたらしく、無性にモンハンを買いたくなっている気分です。

イヴェルカーナのかっこ良さえらいこっちゃです。えらいこっちゃえらいこっちゃ。言いたいだけ~。

 

でもモンハンをやりたい欲求にには駆られるんですが、多分だけど、すぐ飽きてしまうんでしょうね。

 

なぜなら過去作もそれだったから。

前作のモンスターハンターワールドに関しては購入から3か月で飽きまして・・

それからというもの、やっては辞め、やっては辞めを繰り返して結局、ゲーム買取店に買い取ってもらったんだよね・・

 

7000円近くで買ったものを3か月で飽きるなんてコスパ悪いでしょうね・・

 

でもなぜか、買いたくなってしまう。なぜだろうか・・

 

そんな疑問を抱いたわたしは気持ちの整理を込めて、なぜモンハンはすぐ飽きるのか?

なぜモンハンは買いたくなってしまうのか?

の疑問を洗い出すべく要因を考えてみました。

 

 

 

 なぜモンハンはすぐ飽きるのか?

1、ストレスが溜まるから

これはもろわたしの感覚なんですが、モンハンと言うゲームは思った以上にストレスが溜まります。

わたくしが下手っぴなのは従順承知ですが、クエスト失敗のストレスったりゃなんですか。

時間返せ。モンスター強すぎ。ワロエナイwwwww

 

勿論、強いモンスターを倒すから面白いんでしょう。そしてモンスターが強くなけりゃやりがいも見いだせない。

勿論、わたしも強いモンスターを倒せた時の達成感はあります。

しかし、それ以上にモンハンは死んでしまう回数が異様なほどある。

さっきから言ってますけど、わたしはお世辞にもうまいとは言えないドヘタハンターです。

パーティーで行くと必ずチームに迷惑をかけるほどのゴミハンターなわけですが、

この際言います。

ゴミハンターでも楽しみたいんじゃぁぁぁっぁぁぁ!!!!

まぁ、前作はネルギガンテと5時間以上の激闘を繰り広げたゴミハンぷりですからね。

ネルギガンテに5時間取られる自分も下手ですが、ネルギガンテに5時間取らせるカプコンにも責任はあると思います!!( `ー´)ノ

f555sank.hatenablog.com

 

モンハンを少しでも楽しめるようにモンハン上達、精進いたします。

多分、わたしが下手っぴというのも即効飽きる要因なのではないかと書いてるうちにそう思えてきた。(笑)

素材集めがめんどくさい。

それと、もう一つストレスなのが、素材集めね。

シンプルに素材集めめんどくね?

素材集めしんどくね?

新しい武器作るのに、何回同じ相手と顔合わさにゃならんの?

何?そんなに特定のモンスターに恨みでもあんの?

もうね。

わたしは、素材集めがめんどくさくなってしまったのが、モンハンを飽きてしまった一番の要因でしたね。

 

 

同じモンスターばかり狩っているとそりゃ飽きる。

先ほどの素材集めにも通じますが、素材集めをしていると嫌でもそいつを借りに行かないといけないわけです。

あるモンスターを周回していると10回目くらいで萎えてくるんですよね。

ていうか、周回素材集めが死ぬほどめんどうくさいんだがww。

レアアイテムの出現確率が1%とかやる気失せるんだが・・

同じ顔のやつとずっと殴り合いしてても飽きるんだが・・

攻略パターンとか分かって作業げーなんだが・・

 

人との対戦型ゲームでないから

これも私的にモンハンをすぐ飽きちゃう理由の一つですね。

モンハンってオンライン上のプレイヤーと対戦するゲームではなくて、協力してモンスターを狩るゲームじゃないですか。

協力して一つの目標を達成するのが好きな方はモンハンドはまりすると思うんですけど、わたしは、こういう協力系ゲームはそこまで気持ちが入らないというか・・

どちらかというと、これまでもウイイレやストリートファイターなど対戦系のゲームに熱中してきたタイプなんで、モンハン向きじゃないんでしょうね。

モンハンは相手と戦うというより、味方とも協力プレイを楽しむとか狩猟時間のをどこまで縮められるかと言って己との闘いでもあるゲームなわけで。

協調性のない点や、己との勝負にめっぽう弱い、社会的弱者の部分がゲームでも出ているというわけなのか・・(悔しい・・・・・

エンディングがないから

モンハンと言うゲームは終わりがない所が魅力であり、しかし、わたしからするとどこがキリの良い所なのかわからなくなるので、やめるタイミングが分からないのです。

エンディングがあれば、そのエンディングに多少しんどくても突き進んでいけるのですが、エンディングがない分、終わり方が中途半端になってしまうのがいつもの

オチなわけです。

 

だいたい、わたしはいつもその作品の主要ボスを倒した所で飽きが来るように感じます。

2Gであればナルガクルガ、3であればラギアクルスであったりラギアクルス

モンハンワールドもネルギガンテ倒したあたりから飽きが来たな~。

なので、そこからがハンターとしてより高みへ目指せるわけですが、そこから辞めてしまうというね。

「エンディングないから、ここくらいで終わっとくか」っていう目標の自己設定が甘すぎるわけです。

 

まぁすぐ飽きてしまう理由としてはそんな感じでしょうかね・・

まぁ、結論から言いますとミーハーハンターだから!!

 

 

ではなぜ買ってしまうのか?

ここまでの結論としてわたしがミーハーハンターであり、そこまでモンハンに対する熱をもっていなかったという点が判明したわけですが、

ではなぜ買うのか?!なぜ買ってしまうのか!?を解明していこうと思います。

 

国民的人気ゲームだから。

国民的人気ゲームと言えばさ。

ポケモンとかドラクエとかスマブラとかあると思うけど、シンプルに新作が出たら買いたくなりませんか?

そして、国民的人気ゲームなだけあってテレビでも大々的にCMやら流すわけですよ。

そのCMみたらそこまで興味なかった新作も徐々に興味持ってきて・・

広告効果の思うつぼですな・・

 

でもとりあえず、国民的人気ゲームなだけに購入して大ハズレはないので安心して買えるという点も買ってしまう要因だと思うんだけどね。

 

モンスターがかっこいいから。

モンハンは特に好きなわけではないのですけど、モンスターのビジュアルがかっこいいっていう所だけで買いたくなる気持ちはあります。

特に、今回の主役級モンスター。

イヴェルカーナ

f:id:f555sank:20191011154916j:plain

イケメン過ぎかよ( ;∀;)

イケメンが表紙飾ってる雑誌をとりあえず買う女子大生のような感覚でモンハンは買っています。

 

狩りの本能を目覚めさせるから

いや、人間ってのはさ。古来は狩猟生活をして命を繋いでたわけじゃん。

何千年前まではそこらのマンモスやらクマやらイノシシやらと狩りをして生きていたわけじゃんよ。

要するに、何が言いたいのかと言うと、わたしたちの遺伝子には本能的に狩りをする遺伝子が眠っているわけでありまして・・

モンハンはその遺伝子を眠りから覚ます画期的なゲームだったわけですよ。

要するに、食欲や寝る欲という人の本能的な欲求に訴えかけたこの画期的なゲームはそりゃ売れない方がおかしいわけですよ。

本能に訴えかけるゲームなんて周りにありますか?

ないでしょ???

 

まぁ、適当にわたしもしゃべってますけど・・・

 

まとめ

ダラダラとここまでわたしがモンハンを早急に飽きてしまう理由を並べていきましたが、書いてみた結果、

飽きる理由はすべてわたしにあるみたいですww

 

そんなわけで終わりたいと思います。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
価格:6050円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

楽天で購入