きつねこブログ

こんにちは。3年前ニート時代にブログを開設しました。のんびり働いて、適当に生きる

最近のぼくが反出生主義についてあまり考えなくなった理由

こんにちは。きつねこです。

このブログはこの1年間を通して良かったのかどうかは別として「反出生主義」というワードで知名度が上がりアクセス数や読者も多少増えました。

ブログ開設当初はこんな題材で始める予定ではなかったのですが、ストレスの捌け口?日頃から思ってる鬱憤と言いましょうか。

炎上覚悟で書いた結果以外にも多くの方から賛同意見が寄せられ、それに調子に乗った部分もあり、反出生主義的なページを多く作り過ぎた結果「反出生主義ブロガー」という謎の肩書?的な感じになり。

 

まぁ、でも正直に言うと、タイトルでも言ってるんだけど、

最近はあんまり反出生主義について考えてないんだよね・・・

 

なので、今回はその理由について書いていく。

 

 

 

 

理由① 同じような内容を書きすぎるとグーグルにコピペ認定されサイト評価を落とされるから

まぁ、ブログの話的な都合なんだけど、

ブログって同じような内容のページとか書きすぎると、グーグル神が「あ!このサイトコピペサイトかな??内容が重複してるぞ!!?」みたいな感じでサイトの評価落としてくるわけよ。

サイトの評価が落ちるってのは、要するに、検索順位で上位に乗せてくれないわけね。

 

1年前は「反出生主義」ってグーグルで検索すると、大体3位以内には表示されてたのに、気づいたらどのページやねん!!?みたいな状況に。

 

幸い、「反出生主義 きつねこ」っていうワードで検索してくれる人もいてそんな人はぼくのサイトを見てくれるわけだけどさ。

 

シンプルにアクセス減ったお( ゚Д゚)

 

それでさ。これって、反出生主義のワードだけに限らず、違うワードでも影響してくるんよね。要するに、サイト全体の評価が原点なわけよ。

だから、「ニキビ」っていうワードでも結構アクセス稼いでたんだけど、がっつりアクセス減ったよね。

プロアクティブ売れない!!( ゚Д゚)

 

そんなわけで、反出生主義書きすぎてこのブログは大損害を被ったという話を長々とありがとうございました。

 

理由② 反出生主義は真実だがこの”シホンシュギ”というクソゲーを生きる以上考えても建設的でないから

さっきは、このブログに書かなくなった理由だけど。

そもそもとして、ぼくが日頃から反出生主義について考えなくなったのも大きな理由なんだよね。

別に反出生主義が間違ってるとか言ってるんじゃなくて、むしろ、反出生主義ほどこの世界で正しい倫理的・道徳的な思考だなって思ってるんだけど。

別に、ぼくは死ぬまで子供産むなんて言う狂気じみたこの世界の最底辺と思われる行為なんてするわけないんだけど

でも反出生主義って。

シンプルに考える意味ネーナって

思うんだよ。

 

この世界で生きていてストレス溜まったりとか、「生まれてきたくて生まれてきたんじゃねーよ!!」って思う時もあるけど。

それツイッターに流して、状況変わった?

それ母親に文句言って状況変わった?

 

勿論、周りの人にこういう考え方あるよ~~!!こっちがどっからどう見ても正しいよ~~~って呼びかけるのはありだけど。

それで安楽死ができたりすれば効果ありなんだけど。

でも、それ言ってもぼくは人生変わらなかったんだよね。

 

いくら正論言っても状況は変わらないんだよね。勝手に産んだ親という殺人者のせいで。

もう生まれちゃってるんだから。自殺するにもハードル高すぎるわけよ。

 

だから、結局、この世界に生きながらえて順応するしか解決策はないんだよ。ぼくもそこまで強い人じゃないけど。

(この世界に順応してお金稼げたらストレスも減らせるわけじゃん。

 

要するに、このゲロみたいな世界に順応せざるを得ないシステム、であり順応しようと思ったら反出生主義という考え方は考えるだけ意味ないし時間がもったいないという感じであります。

 

 

理由③最近は鬱感情が減り反出生主義を考えなくなった

これも一つの要因だけど、やっぱり健康状態が良くなってきたのも大きいかなと。

健康状態が悪い時は思考も俯きがちだし、無駄な考えが散漫とするわけだけど、それが減った感じかな。

 

特に体調が悪かった時は無意識的に反出生的な「ワイは生まれてきたくなかったんや!!」的な思考がグルグルしてたんだけど。

 

まぁ、体調が良くなったのも、「反出生主義考えても思考の堂々巡りだな~」って感覚になりました。

 

 

理由④稼ぎたい(笑)

これ。ラストです。

ぶっちゃけ。言います。

反出生主義なんかでアクセス集まったって稼げないんだよぉ~~~~~( ゚Д゚)(笑)

 

はい(笑)。

要するにね。反出生主義って売るサービスとか物とかないんですわ。

それに、アクセス数で稼ぐって膨大すぎるアクセスが要るんですわ。

売るものがあったところで、書籍のシオランとかディビットベネターとか・・

それに、シオランとかの本って高いんですわww

プレミア化してて1冊安くても4000円近くするんよ。誰が買うねん(笑)。

 そんなわけで、反出生主義は稼げません。面白いほど稼げません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生誕の災厄 [ エミール・M.シオラン ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/12/24時点)

楽天で購入

 

 

 


 

買いやすい手頃な書籍がありました。興味がある人はこっちが良きかな。

 

まとめ

まぁ、反出生主義について考える回数は減ったわけですけど、反出生主義が間違ってるとは言ってないですよ。

ていうか、これからもぼくは反出生主義を実践して子供なんか産みませんよ。反出生主義は正しすぎるので。

要するに言いたいのはただ、考えなくなった。ってだけです。

そこは誤解してほしくなかったので、まとめに書いておきました。