きつねこブログ

こんにちは。きつねこです。ニートです。世の中を冷めた目線で見てます。

【ブログ継続法】ブログというものは本来楽しく継続するものだ。 

こんにちは。きつねこです。

最近、当ブログでは「アクセスが下がった~~~~!」「収益落ちた~~~~!」など

不満爆発の文章を吐き出しているので、ブログを更新するモチベーションが落ちているわけです。

 

 

グーグルは気まぐれに順位を決めているので分析してもあまり意味はなかった。

そして、僕なりにもなぜアクセスが落ちたのか?何が原因なのか?色々調査してみました。

その結果として・・

ぶっちゃけ分かりましぇん・・・・

はい。原因はわかりませんでした。

今まで検索上位を取っていたページがいきなり圏外に飛ばされたり、わけのわからない情報量の少ないページが検索1位を取っていたり、逆にこれまで地の底で埋もれていたクソページが検索上位に躍り出るという・・

一つわかったことは、

グーグルはマジで気まぐれ!アルゴリズムもクソもありゃしない!

っていう所だけが分かりました。

はい。所詮グーグルもこの程度です。

世界トップの企業として大々的に「検索順位のアルゴリズム見直しますよ~~」といった所までは良いですが、そのアルゴリズムの中身なんてほぼないに等しいです。

検索順位の決め方も結構、適当に決めているなという印象でした。

しっかり、情報量があり有益なページでも圏外や低順位に落とされる時もあれば、情報量が少なく、大したページでもないのに検索上位に昇り詰めるページもあります。

ここらの正確な理由はわかりませんが、僕的の結論としてはグーグルが適当に順位を決めているようにしか見えませんでした。

サイトのデザインでもなければ、文字数でもなければ、情報の有益性でもない。

一体、何を頼りに、何を基準に書いていけば良いのかブロガーからすればわけのわからない状態。

 完全に負け犬の遠吠えだが、負けた原因が分からないからこそ不思議に負けた気がしない。

結果は負けなのだが、結果の付け方に明白な基準、指標が感じられないので、適当な審判が判定した誤審だらけの試合に負けた感覚。

そんな感じなのでグーグルは適当な審判だなと思った。

 

この際、初心に戻ろう。ブログとは本来楽しく継続するものだ。

この際だが、初心を思い出すいいきっかけとなった。

このブログも1年前の開設当初は当然だが、アクセスは0から始まった。

そこから地道に積み上げてきて、一時は日/4000アクセスくらいのサイトにまで成長することができた。

アクセスが集まると、「収益化!」「アクセス集め優先!」「アフィリエイトーー!」っていう気持ちが強くなってきた気がする。

しかし、稼ぐ気持ちが上がれば上がるほど稼げなかった時のメンタル的ダメージは計り知れない。

何が原因でアクセスが集まらないのか?何が原因でページを圏外に飛ばされたのか?

何が原因で競合相手のサイトに負けているのか?

何が原因で?何が原因で?何が原因で?・・

探しても探しても答えの見つからない問い・・

グルグルと同じ質問が脳内で繰り返される。

こういう状態だと当たり前だがブログを書くという行為に嫌気がさす。

 

しかし、ブログ開設当初は書くという行為の新鮮さもありながらブログという作業を心から楽しんでいたと思う。

読まれる、読まれないは二の次だった。

とにかく書く。

好きなように書く。

 

ある意味、このアクセス低下をきっかけにこのスタンスに戻れという誰かのお告げかもしれない。(ていうか、こう言い聞かせるしかない部分もある・・

しかし、この世界には、ブログが読まれていなくても継続し続けている人はたくさんいる。

読まれる読まれない関係せずにこのブログは続けていきたいと思う。

 

これを機にブログとは本来楽しみながら継続するものだという初心に立ち直るきっかけになった。

勿論、「稼ぐ!」「アフィリ!」というモチベーションも大切だし否定はしないが、もし稼げないorグーグルの気まぐれでアクセスの急低下などに見舞われたらモチベのモの字も消え失せてしまうだろうから。

本来、ブログなんて稼ごう!なんて期待しない方が良いのかもしれない。

稼げるも稼げないもグーグルの気分次第な部分もあるし、期待したような結果が出ない時に継続するやる気が失せるから。

それにブログで稼ぐという行為そのものが難易度の高いゲームで思うようにいかない時の方が多い。

良いページを書いたと思っても、競合相手がもっと質の良いページを書いていたり、さほど質は良くないが、企業ぐるみのドメインパワーで検索上位を陣取っているワードもある。

 

なのでブログで稼ごう!は消耗する。

だから楽しもう!

これからはブログは楽しみながら継続するという点を思きに置いていきたい。

もう稼ごうとは思わない。

好き勝手書いてその結果稼げたら良いくらい。

そちらの方が、面白い文章が書けそうだから。

バイバイ。