きつねこブログ

こんにちは。3年前ニート時代にブログを開設しました。のんびり働いて、適当に生きる

アドセンス以外のクリック型広告 nend(ネンド)を使ってみて感じたメリット、デメリットを詳しく解説します。

こんにちは。きつねこです。

 私のブログは理由は正確にわかりませんが、グーグルアドセンスに受かりません。

合計5回くらい審査を落とされました。

 

なので、アドセンスをブログに貼れないので、先月から「nend」というクリック型報酬の広告を貼ってみました。

 

使い始めて2,3週間ほど経過しましたので、実際に使用してみたのでメリット・デメリットを書いていきたいと思います。

 

 

 

まず、しょっぱなからネタバレになりましたが、ツイートのやつを貼っておきますね。

では、一つ一つ詳しく解説。

 

 

メリット①・審査に簡単に合格できるし、合格通知も早い。

まず、第一のメリットとしては、

審査に簡単に合格できる!尚且つ合格通知も早い。

という点ですね。

ここ最近のアドセンスの審査はどんどん厳しくなってきているみたいで、審査で落とされているサイトもかなり多いらしいです。(私のこのサイトのその一つですけど(笑)

そして、アドセンスの面倒くさい所は、審査を申請しても1週間くらい平気で返信が返ってきません。

なので、アドセンスを合格するためには、申請してから、1週間~1か月ほど待って、

合格か不合格か知らされるので、合格ならいいですが、何度も審査に落とされるとメンタルがかなり消耗されます。

 

それに比較して、nendは申請をしてから1~2日という早いスピードで返信が来ますし、合否も高確率でサイト審査に合格します。

そして、合格したら、広告の申請もしなければいけないのですが、それも長くても1日ほどで返ってくるので、

nendに申請して早い人だと翌日から広告を貼れる人もいるみたいですね。

審査に簡単に通れて、広告もすぐ貼れるという点ではメリットです。

 

 

メリット②・クリック型アドセンスではグーグルについで2番目に人気

どこ情報か詳しく知らないですが、国内ではクリック型報酬でアドセンスに次いで2位に位置しているらしいです。

ほかにも、クリック型報酬はたくさんあって僕も色々申請してみたんですが、落とされたのもありましたし、広告の単価が安すぎて使い物にならないのもあったのでやめました。

 

corp.fluct.jp

こちらは「フラクト」。

広告の単価もnendとほぼ同じで、広告のジャンルも多いという理由で人気です。

しかし、私も申請してみたんですが、審査に落とされましたし、審査は簡単に通らないから人気No,3なのではないかと推測します。

 

次に「忍者アドマックス」

www.ninja.co.jp

なんと、審査のないクリック型広告サイトという点は魅力ですが、いかんせん、単価が凄く安くてアクセスがあってもほとんど稼げないそうです。

 

単価は、nendの半分ほどらしいです。

 

 

メリット③・アドセンス受からない人には最適な広告

勿論、クリック型報酬界で文句なしの人気を誇っているのはアドセンスでしょう。

これは仕方ありません。

nendの2倍の広告単価を誇り、掲載される広告も読者の興味を先取りするような形ですから、収入にすると4倍程度の差がでると思われます。

しかし、先ほども言いましたが、アドセンスに合格するのはハードルが高いです。(はてなブログだと特に審査に合格しにくいらしいですし。

アドセンスになかなか受からない・・・・

アドセンスは諦めた・・・・・

アドセンス合格するまでの繋ぎの広告として・・・・・

っていう方にはnendを使うのが良いと思いますし、収入もないよりかはマシです。

 

実際に私のブログでもnendで月に5000円ほど稼げそうですし。(アドセンスなら20000円稼げると想定できる。

 

 でも5000円でもお小遣いが貰えるならう嬉しい(*^^*)

 

メリット④・支払い報酬額が3000円からできる

こちらは、まだ私は使って2週間程度で銀行に報酬を振り込んでもらってませんが、

報酬支払額は3000円を超えていれば支払ってくれるらしいです。

 

アドセンスは8000円からの支払いですので手軽にお金を引き出せるのはメリットかなと。

 

メリット⑤ ・ゲーム、漫画系の広告が充実

nendの広告は基本的にゲーム系の広告か漫画系の広告がほとんどです。

これは、メリットでもある反面デメリットでもあるかと。

しかし、アドセンスはこちらのゲームや漫画系の広告にあまり力を入れておらず、ゲームや漫画のブログを書いている方はnendを使った方が収益は上がる可能性も十分あると思います。

 

f555sank.hatenadiary.jp

こちらサイトは、私のゲームブログなんですが、アクセスが当ブログの3分の1しかないのにも関わらず、収益はほぼ変わらないんですよ。

 

 

このようにゲーム、漫画系のブログを書いているという方はnendが最強の広告かもしれないです。

 

 

 

デメリット①・単価がアドセンスの約半分

さて。メリットはここまでとしてデメリットについても詳しく解説していきます。

 

まず、1つ目のデメリットとして挙げられるのが、広告の単価の低さですね。

目安的にアドセンスであれば、1クリック15円~30円と言われていますが、nendの場合5円~15円と言われていて、私も使ってみてこれは間違ってないなという印象です。

 

単純に言うと、アドセンスの方が2倍ほど稼げますし、稼ぐ効率は悪くなるのは否めないですね。

まぁ、これはnendが特別弱いのではなくて、アドセンスが強すぎるといった方が正しいですけどね。

 

デメリット②・サイトに関係のない広告がばかりが表示されるからクリックされづらい

こちらは、先ほどのメリットに書きましたが、nendの広告は90%ゲームか漫画の広告です。

例えば、アドセンスは「ニキビ」について書かれているページにがあるとすると、プロアクティブなどのような近い広告を提供するのですが、

nendはページ関係せずにゲームや漫画の広告を貼るので、そりゃクリックされにくいわけです。

 

なので、当サイトもゲームについてはあまり書いてないので、クリック率は少々低めです。

nendを使ってクリック率を上げたいのであれば、先ほども言ったようにゲームや漫画について書く回数を増やすと良いと思います。

 

 

 

デメリット③・広告がスマホに限定されている

こちらも

少々手痛いデメリットですが、nendの広告はスマホからでしか表示されないんです。

要は、パソコンからの読者に対して、クリックしてもらいたくてもできないわけです。

パソコンからの訪問者が多いブログはかなり手痛いですね。

 

しかし、最近の訪問者は80%がスマホからというデータも出てますし、当ブログも80%の訪問者がスマホからです。

なので、残りの20%の収益は見込めませんが、80%からはまだ収益が得れるのでそこは人それぞれ捉えようかなと思います。

 

 

 

まとめ

以上で実際に使ってみて感じたメリット・デメリットです。

 

勿論、私もアドセンスを貼れるのであれば、貼ってましたよ。

でも合格しないんだもん・・・・・(悲しい・・・・・

 

でも私はnendを導入して良かったと思ってますね。

勿論単価は低いし、アドセンスより収益性は悪いのは否めませんが、貼らないよりかは圧倒的にマシです。(少しでもいいからお小遣いが欲しいから!(^^)/

しかし、デメリットだけでなく、ゲームサイトは収益性が高かったのでメリットもしれて得した気分です。

 

これからも私はずっとnendで稼いで行こうと思ってます。(アドセンスに落とされるのは、時間がかかるしメンタルも消耗するんだよ・・・・・

 

とにかく、何らかの理由でアドセンスを貼らないOR貼れない。って方はnendを貼っておいて損はないと思います。

実際に使ってみてメリット・デメリットが分かったし、使う前よりメリットも意外と多いんだなってのが正直な感想です。

 

 

スマートフォンアドネットワーク【nend】