きつねこブログ

こんにちは。3年前ニート時代にブログを開設しました。のんびり働いて、適当に生きる

早朝から働いて感じたメリット3個書いていく

こんにちは。きつねこです。

 半年前から朝6時から出勤のバイトを始め、意外にも続いている自分自身にびっくり。

 バイト始めて半年経過し、バイトも早起き生活も結構慣れてきた所なので、ここいらでこの生活スタイルのメリットでも書いていこうと思います。

 

 

メリット① 早起きに慣れる

当たり前ですが、6時出勤という働き方になると目覚めの朝は結構早いものです。

幸い、ぼくの職場はバイクで5分程度の場所にあり、通勤時間はほぼかからないというわけもあるんですが。

それでも色々着替えたり、即効飯食ったり、寝ぐせ直したりとしないといけないわけで、5時20分に起きる生活ですね。

バイト始めた当初はこの早起き生活が少ししんどかったですが、アラームなどの手を借り何とか出勤していました。

でも、最近ではアラームを使わずとも5時くらいには勝手に目覚めるように体が慣れ、アラーム設定せずに寝ているほどです。

この感覚は、バイト出勤の日以外でも5時に目が覚めるほどで、早起きを習慣にしたい人にとって早朝出勤スタイルは強制的ですが効果的かなと思います

ちなみに、ぼくはバイトがない日も時に目覚めるのですが、二度寝するので8時に起きるという、早起き習慣を効果的に使えてませんww(とにかく寝てたい!!

まぁ、5時に勝手に目が覚める習慣はついたかな・・

 

メリット② 規則正しい生活になる

朝5時に目を覚まさないといけない生活スタイルなので、夜寝る時間も早くなった気がします。

夜更かしすると高確率で寝坊し、職場のばばあからネチネチの説教が飛んでくるのでそれを回避しようと10時くらいには布団に入るかんじです。

特に起きていてもすることがあるわけでもないですし、起きていても無駄なネットサーフィンやゲームをダラダラしているだけだったので早く寝る習慣がついたのも良かった感覚です。

 

メリット③ 朝働いて昼頃から休むスタイルの方がお気楽

個人的な意見ですが、ぼくは朝に面倒な”働く”ということをやってしまいたいタイプなので、この生活スタイルがストレスなく良い感じです。

朝休みで夜に働くという場合、「夜から出勤しなきゃ~~」というネガティブ感情が生まれるので、朝に働ききって昼過ぎからゆっくり休むスタイルがメンタル的に負担ないですね。

やはり面倒なことは先に片づけてしまった方がそれからは気持ちが楽だと思うので朝出勤最高です(/・ω・)/

 

お昼に帰ってきてゲームなりお昼寝なりお気楽に過ごしてます。

お昼寝最高(/・ω・)/

 

 

まとめ

朝出勤は早寝早起きの生活習慣が身に付きやすい働き方なので、健康的で体に負担がかからない働き方かなという感じです。

朝型の人にとってはあまり苦にならないと思うし、早朝っていうか深夜4時くらいから働くなら時給も結構高いですからね。

朝型の方、早起きの習慣を身につけたい方は早朝出勤は良い働き方だと思います。

 バイト探している方は、採用されると最大1万円が支給されるマッハバイトが良いかな~と思います。

マッハバイト

ぼくの近くの地域でも500件ほどの求人が掲載されていたのでタウンワークなどよりも探しやすくて自分に合った職場を見つけられる感じです。

ネットだから条件検索もしやすくて手間もかからない感じです。

(追記)

ここ最近知ったのですが、ギガバイトというサイトがバイトを探すうえでかなり良さげなようです。

私の住んでいる地域で検索すると、タウンワークなどの大手サイトよりも募集情報が掲載されていました。

興味がある方はこちらもチェックしてみてください。

 

ギガバイト

では。